Archives

補正下着について考える

補正下着ってなんなのか。何が補正されるのだろう。

よく、自分補正とか聞くよね。鏡の前にたったとき、他人から見たよりも自分が良く見えるっていうやつ。自分だからよく見える。他人から見た自分と、自分から見た自分の評価の差が自分補正。

じゃあ、下着補正っていうのは、あれかね?裸のときに肉体の美しさと、下着をつけときの美しさ、この差のことを言うのかね。そのために用いられる下着のことを補正下着というのだろうか。

肉体は美しい方がいい。東洋では、肉体は人にはさらけ出せない、恥ずかしいものとされてきた。
一方で西洋では、肉体は神の創造物。主が作ったんだから美しいに違いない。そんなノリ。ルネッサンスでは、大昔の裸の絵が復活した。岡本太郎の本で書いてあったけど、西洋人にとって裸は日常らしい。

個人のプライバシーが日本よりも固く守られている。だから家ではみんな裸でもまぁまぁオーケー。日本じゃ、障子やふすまで守られてないよね。

文章をたくさん書く方法~甜茶を添えて

今ね、たくさんの文字の分量を書かなければならないときに、簡単に文字を頭の中から出す方法について思いついたよ!でもこの方法は文章の質よりも量が求められる際にしか使えないから注意なんだぜ!よし、わかったならそれいくぜ!

まあ方法としては簡単さ、頭の中で妄想するだろ、そしてその内容を書く!これだけ!頭から文章が出てくる速さと量がやばすぎて、手が疲れちゃうぐらいだぜ!ってかいますげえ右手首が痛い!

あ~マッサージしても治らない。ちょっとゆっくり書くことにしよう。焦らずにね。
今日の午前中は、甜茶のために使ったんだ。甜茶の事を考えたし、甜茶も入れた。

こうしてみてみると、文章は頭から思いついた順にバーッと書いていくとそこそこ読みやすい文章になるんだね。というのもこれが全部口語だからだけど。論文とかには絶対使えないタイプだ。

さっき言った通り、午前は甜茶だったんだけど、甜茶についての論文は見つからなかったなぁ。あるのかなぁ。市営のちっさい図書館にはおいてないだろうな。
文章書くために、図書館の本を参考にするのもだいぶアリだな。

夜のオリーブオイルの話

夜のオリーブオイルってどうやらあまり体に良くないらしいですよ。
どうやら、オリーブオイルって言うのは植物性で体にイイですけど、さすがに寝る前とかにオイルと摂取するのは胸が気持ち悪くなったりする恐れがあるそうですね。

私も以前、便秘になっていて、それに効果があると聞いたことがあったので試してみましたが、やはり効果は見られず、気分が悪くなってしまいました。

このサイトにも書いてありましたよ、同じことが

便秘に夜のオリーブオイル?いいえ、健康茶!

正直便秘ってオリーブオイル一丁で治るような甘いものじゃないんですよね。私ももしかして治るかもと思って期待して飲んでみましたが、甘い言葉にはなにかしらの裏があると言うか、なんでも鵜呑みにしちゃいけません。

あと、なぜ夜じゃないのかいけないのかもわかりませんでした。人間にとって夜っていうのは眠りについて明日の生活に備える時間だと思うんです。確かにの対策をするのは明日の腸の状態への準備と考えることもできますが・・・。どうなんでしょうかねえ。