文章をたくさん書く方法~甜茶を添えて

今ね、たくさんの文字の分量を書かなければならないときに、簡単に文字を頭の中から出す方法について思いついたよ!でもこの方法は文章の質よりも量が求められる際にしか使えないから注意なんだぜ!よし、わかったならそれいくぜ!

まあ方法としては簡単さ、頭の中で妄想するだろ、そしてその内容を書く!これだけ!頭から文章が出てくる速さと量がやばすぎて、手が疲れちゃうぐらいだぜ!ってかいますげえ右手首が痛い!

あ~マッサージしても治らない。ちょっとゆっくり書くことにしよう。焦らずにね。
今日の午前中は、甜茶のために使ったんだ。甜茶の事を考えたし、甜茶も入れた。

こうしてみてみると、文章は頭から思いついた順にバーッと書いていくとそこそこ読みやすい文章になるんだね。というのもこれが全部口語だからだけど。論文とかには絶対使えないタイプだ。

さっき言った通り、午前は甜茶だったんだけど、甜茶についての論文は見つからなかったなぁ。あるのかなぁ。市営のちっさい図書館にはおいてないだろうな。
文章書くために、図書館の本を参考にするのもだいぶアリだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です